So-net無料ブログ作成

Summer Concertante ~シューマンからメシアンへ~ [コンサート]

Erik Satie: 右や左に見えるもの~眼鏡なしで
Igor Stravinsky: (ヴァイオリンとピアノのための)デュオ・コンチェルタンテ
Maurice Ravel: ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調
Robert Schumann: ヴァイオリンソナタ第1番 イ短調 op.105
Olivier Messiaen: (ヴァイオリンとピアノのための)主題と変奏
M.Ravel: ツィガーヌ
 (Encore) 武満徹: 雨の樹・素描II ~オリヴィエ・メシアンの追憶に (Pf.)
        Matthew Hindson: Song of Life (Vn.)

 木村かをり(Pf.)  吉本奈津子(Vn.)
 

金沢21世紀美術館友の会のスペシャルコンサート。
なんとも趣味の良い選曲に、何日も前からワクワクドキドキだった。

チケットは事前予約しておいて当日引換え。そしてそのチケットはナンバリングしてあって
順番に入場して好きな席を取れる、という、かなり珍しいやり方。
そうとは知らず、引換えの時点で座席指定だと思っていた私は開演時間間際まで
のんびりとカフェで過ごしてしまったのだが、幸いにもけっこういい席が空いていて、
とてもラッキーだったし、予想に違わず、すてきなコンサートでした。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。