So-net無料ブログ作成

ファジル・サイ ピアノリサイタル [コンサート]

L.Janáček: ピアノ・ソナタ変ホ長調 「1905年10月1日街頭にて」
L.v.Beethoven: ピアノ・ソナタ第17番ニ短調 op.31-2 「テンペスト」
S.Prokofiev: ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調 op.83 「戦争ソナタ」
M.Mussorgsky: 組曲「展覧会の絵」
(Encore) F.Say: 「ブラック・アース」
       G.Gershwin/Say: 「サマータイム・ファンタジー」

  Fazil Say(Pf.)


実はこのピアニストのことは全く知らなかったのだが、音楽堂にあったパンフレットを
みて、なんだかすごく気になったのだ。
まず曲目に惹かれたのだが、しかし大当たりの予感がした。ただ、もしかすると
大外れの可能性もあるかな、とは思ったのだけれど。

結論から言うと、大当たり、なんだろうな。
あまりにもエキセントリックな、驚天動地の演奏。ここまでくると、良い悪いではなく、
好き嫌いでしか語れない気がする。で、私はかなり気に入ったのです。
笑いがこみ上げてくるようなところもたくさんあったのだけれど。

かなりのボリュームでメロディを歌いながら、さらに乗ってくると足をどんどん踏み鳴らして
リズムを取って、身体全体を揺らし、傾け、空いている手はひらひらと音を導くように揺れ、
まるでハリウッド映画の登場人物のように、顔の表情もころころと変わる。話しかけたり、
大げさに驚いたり、喧嘩をしたり、陶酔したり。
私の聴いた限りでは、楽譜の音を変えているようなところはなかったと思う。
けれど。テンポ、緩急、強弱、アーティキュレーション、すべてがオリジナル。
結果として、知ってる曲とは全然違ったものになってしまっているのだ。
かなり派手なミスタッチも随所にあったのだけれども、ここまで個性的な演奏をされると、
それも一つの味にみえてしまうという、なんというか、本当に何といえばいいのかな。


続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。