So-net無料ブログ作成
検索選択

チッコリーニ×OEK [コンサート]

2011年11月2日(水) 19:00~ @石川県立音楽堂コンサートホール

W.A.Mozart:
 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 K.527
 ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466

  *  *
 ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調 K.333
 ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.311 「トルコ行進曲付」

(Encore) F.Schubert: クーペルヴィーザー・ワルツ
       C.A.Debussy: 前奏曲集第1巻より 「ミンストレル」
       E.Granados: スペイン舞曲第5番 ホ短調 「アンダルーサ(祈り)」

  アルド・チッコリーニ(Pf.)  トーマス・カルブ(Cond.)
  オーケストラ・アンサンブル・金沢


8月に南仏で行われたラ・ロック・ダンテロン音楽祭にて、OEKとチッコリーニが
共演したことをきっかけに、今回、なんと金沢にチッコリーニが来てくれた!
御歳86のこの偉大なるピアニストは、東日本大震災に心を痛め、ボランティアで
チャリティコンサートをしたいとの一念で、日本公演はこれが最後になるであろうと
思いつつの来日であったらしい。
そういうわけで、当初は東京のみの公演予定であったところ、ラ・ロック・ダンテロン
での歴史的な名演を経て、金沢にきてくれることになった。
金沢に住んでいて、本当に良かった。

ラ・ロック・ダンテロンの公演の様子は、フランスのTV局ARTEが配信していて、
私も何度となく視聴しつつ、友人たちにも宣伝していたのだが、これがふだんは
ほとんどクラッシックを聴かないハズのNさんのハートを直撃!
ロックやジャズが基調のバーであるはずのNさんのお店では、店主自らお客さんに
この映像を紹介するという、ふだんの店の音楽を好む常連さんにはなんとも居心地が
悪かったであろう(しかし私にはとても幸せな)夜も何度かあったほど。
というわけで、いつものクラッシック仲間のQさんに加え、この日はNさんもご一緒に、
張り切って音楽堂に出かけたのでした。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。