So-net無料ブログ作成
検索選択

OEK・郷古廉×井上道義 [コンサート]

2011.3.21(月・祝)15:00~ @石川県立音楽堂コンサートホール
Gioachino Rossini: 歌劇「アルジェのイタリア女」序曲
Claude Debussy(arr. Henri Büssel): 小組曲
 1. 小舟にて   2. 行進   3. メヌエット   4. バレエ
Albert Roussel: 小組曲 Op.30
 1. 朝の歌   2. 田園曲   3. 仮面舞踏会

   *  *
Édouard Lalo: スペイン交響曲 ニ短調 Op.21

(Encore) Erik Satie: ジムノペディ第2番
       J.S.Bach: 無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番 BWV1005より ラルゴ

   郷古 廉(Vn.)    井上道義(Cond.)
   オーケストラ・アンサンブル・金沢


OEKの定期公演。
最初に、オーケストラのみなさんが楽器を持たずに登場。そして井上さんが出てきて、
このたびの大震災の犠牲者たちに、団員とお客さん、みなで黙祷を捧げた。
団員のみなさんがいつもの燕尾ではなく、ブラックタイを着用していたのは、弔意を
あらわしていたのだろう。
今回の若きソリスト、高校2年生の郷古廉(すなお)君は、宮城県多賀城市の出身で、
おうちは幸いにして無事だったそうだが、慣れ親しんだ街の姿は見る影もなく、ライフ
ラインもまだ復旧していないなかで、それでも音楽をやるために金沢に来てくれたのだ。
生きていてくれて、あなたの音楽を聴かせてくれて、本当にありがとう。

続きを読む


フォーレ・レクイエム [コンサート]

2/20に、OEKの定期公演にいった。
いつも、コンサートのあとには聴いた音楽が自分の身体からあふれだしそうになって、
それをなだめるためにだいたいはその日のうちにコンサートレポートを書くのだが、
このときはすぐに時間が取れなくて、そのうちにタイミングをはずしてしまった。

この時のプログラムが、フォーレの『レクイエム』。
今となっては、コンサート全体の印象はずいぶんと薄れてしまったのだが、
今回の大災害の報道に、先ごろ聴いたこの曲を強烈に思い出した。

この曲は、フォーレ自身が両親を相次いで亡くした直後に書かれたそうで、
それだけに、本当に心の底からの祈りが籠められた曲である。
この曲を石川県立音楽堂のコンサートホールで聴いたとき、これはここで聴くべき
曲ではない、教会で聴くべき曲だ、という想いがこみあげてきた。
それは、オルガンや合唱の音が、石造りの教会でこそ映えるという意味もある。
けれども、それ以上に、これは「祈りの空間」でこそ演奏されるべき曲なのだ。
コンサート会場は、音楽を共有する場ではあっても、祈りを共有する場ではない。
それが日本のように、彼らの文化を共有していない者達が集まるところなら、特に。
だからこのとき、美しい音楽に聴き惚れ、感動しつつも、同時に、どうしようもない
違和感を、最後までぬぐいきれなかった。
いまなら、この曲に込められた祈りを共有できるのだろうか。

被災地に、できることなら音楽と花を届けたいと思う。
亡くなった人々への哀悼と祈り、生きている人たちへの感謝をこめて。

バロック音楽の夕べ [コンサート]

2011.3.7(月)19:00~ @石川県立音楽堂交流ホール
Heinrich Ignaz Franz von Biber: 戦闘(バッターリア) ニ長調
 1. ソナタ    2. あらゆるユーモアに満ちた放埒なる集い    
 3. プレスト   4. マーチ    5. プレスト    6. アリア
 7. 戦闘     8. 負傷した銃士たちの嘆き

Johann Sebastian Bach: ブランデンブルグ協奏曲第3番 ト長調 BWV1048
                 ブランデンブルグ協奏曲第5番 ニ長調 BWV1050
  * *
Carl Philipp Emanuel Bach: チェンバロ協奏曲 イ短調 Wq.26
Johann Pachelbel: 3声のカノンとジーグ
Andrea Falconieri: 2台のヴァイオリンと通奏低音のためのチアコンナ(シャコンヌ) ト長調
Arcangelo Corelli = Francesco Geminiani:
 合奏協奏曲 ニ短調 作品5-12 コレッリのヴァイオリンソナタによる「ラ・フォリア」

Encore) J.S.Bach: アリア

 (Vn.) アビゲイル・ヤング、原田智子、藤田千穂、江原千絵、イェジュ・イ
 (Va.) デルフィヌ・ティソ、石黒靖典、大隈容子
 (Vc.) ルドヴィート・カンタ、大澤明、スンジュン・キム
 (Cb.) 今野淳
 (Fl.) 岡本えり子
 (Cemb.) 北谷直樹
 (バロックギター・テオルボ) 高本一郎

OEKの室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」、今宵は「バロック音楽の夕べ」。
これほどどっぷりとバロックのみの演奏会は、初めてかもしれない。
珍しい古楽器まで登場とあって、交流ホールは超満員だった。

なんというのか、バロック音楽って身体的な音楽なんだなぁ、と思った。
ロマン派や近代は、心に響く音楽だと思う。ジーンときたり、何かを思い出したり。
が、バロックは、身体の細胞ひとつひとつが刺激され、ふつふつと活性化するような、
そんな感じを受けるのだ。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。