So-net無料ブログ作成

ストラディヴァリウス&デル・ジェス [コンサート]

2011.1.29(土)15:00~ @北國新聞赤羽ホール
Jean-Marie Leclair: 2つのヴァイオリンのためのソナタ第2番 イ長調 Op.3-2
  *  *
Camille Saint-Saëns: 序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op.28
Henryk Wieniawski: 華麗なるポロネーズ第1番 ニ長調 Op.4
  *  *
Moritz Moszkowski: 2つのヴァイオリンとピアノのための組曲 ト短調 Op.71
  *  *
<特別企画>~同じ曲を2つのヴァイオリンで聴く~
Johann Sebastian Bach: 独奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番 BWV1006より 「ガヴォット」
  *  *
Fritz Kreisler: ウィーン奇想曲 Op.2
          愛の喜び
Franz Waxman: カルメン幻想曲
  *  *
Pablo de Sarasate: ヴァイオリン二重奏曲「ナヴァラ」 Op.33

 渡辺玲子(Vn.)  Guarnerii del Gesu 1736 Violin "Muntz"
 有希・マヌエラ・ヤンケ(Vn.)  Stradivarius 1736 Violin "Muntz"
 江口 玲(Pf.)


先日、大変興味深いコンサートがあった。
イタリア・クレモナ産のヴァイオリンの双璧、グァルネリ・デル・ジェスとストラディヴァリウスの、
しかも同年製作、いずれもムンツ氏が所有していたことから、同じ「ムンツ」の名で呼ばれる
2台の共演、いや、饗宴である。

日本音楽財団は数々の名器を所有しており、一流の演奏家に無償で貸与しているのだが、
その代わり、貸与された演奏家はこういったチャリティコンサートに出演する。
つまり、最高の楽器と一流の演奏家による、超豪華なコンサートなのだ。
しかも! プログラムの他に、財団が所有する楽器のカタログが配られ、さらにさらに、
演奏会終了後、無料でCD(これと同じコンセプトで前年に東京で行われたコンサートの
ライヴCD)を配布するという気前の良さ! で、4000円である。
いくらチャリティにしてもこれでは赤字になるんじゃないかと心配になってしまうほど、
いろいろな意味で贅沢なコンサートでした。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。