So-net無料ブログ作成

くるみ割り人形 [コンサート]

バレエ「くるみ割り人形」を見に行きました。
くるみ割り人形は、まさにクリスマスの夜の夢の物語。
年末の第九はどうしてなのかさっぱりわからないのだが、これこそ毎年クリスマスシーズンに
演ずるにふさわしいバレエである。
ドイツのエッセン市立歌劇場バレエ団を主な役柄に迎え、石川県立音楽堂特別編成バレエ団と
OEKとのコラボレーションで、20日、21日の2回公演があったのだ。OEKのシリーズコンサート
である20日だけしかなかったら見にいけなかったところだったので、大変ありがたかったです。

続きを読む


もっとカンタービレ~生誕・没後記念作曲家特集~ [コンサート]

S.Barber: 木管五重奏曲「サマー・ミュージック」
  岡本えり子(Fl.)  加納律子(Ob.)  遠藤文江(Cl.)
  柳浦慎史(Fg.)  金星 眞(Hr.)

~ショパン、トランスクリプションの世界、そしてショパンが愛したチェロの響き~
F.Chopin=Zinn: 練習曲Op.10-3 「別れの曲」
F.Chopin=Barakirev: 練習曲(ニ短調) Op.25-7  *原曲は嬰ハ短調
F.Chopin=Glazunov: 練習曲(ホ短調) Op.25-7
F.Chopin: 序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 Op.3
  大村俊介(1stVn,)  竹中のりこ(2ndVn.)  大隈容子(Va.)
  ルドヴィート・カンタ(Vc,)  鶴見 彩(Pf.)

G.B.Pergolesi: コンチェルティーノ・アルモニコ 第1番
 (Encore) A.Corelli: 合奏協奏曲第8番(クリスマス協奏曲)より「パストラーレ」
  上島淳子(1stVn.) 原三千代(2ndVn.) 山野祐子(3rdVn.) イェジュ・イ(4thVn.)
  石黒靖典(Va.) 大澤 明(Vc.) 今野 淳(Cb.) 加藤純子(Cemb.)


12/7にOEKの室内楽シリーズ「もっとカンタービレ」に行ってきました。
今回は、生誕・没後記念作曲家特集。具体的には、ショパンの生誕200年は超有名だが、
サミュエル・バーバーは生誕100周年、ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージはなんと
生誕300周年!(つまり、大バッハより25歳年下である)
さらに、ショパンコーナーの編曲者の1人、ミリィ・バラキレフは没後100周年なのだ。

  

続きを読む


モンフォール亭 [徒然]

クラッシック好きと一口に言っても、時代によって、国によって、あるいは作曲家によって、
作風は全然違う。
だから、クラッシックオタクの間では自分の好きな作曲家の自慢合戦、ひいては喧嘩に
なることも少なくない。私も先日、このブログでうっかり失言をして、モーツァルト好きな
人から未だにときどきチクリといじめられます(笑)
が。そのぶん、自分と好みが同じ人を見つけると、無条件で嬉しくなってしまう。

たまたまブログランキングでみつけた「モンフォール亭」。
わたしの大・大・大好きなラヴェルのエピソードが、4コマ漫画でてんこ盛り!
そうそう、モーくん(笑)はホントにこんなイメージなんですよ!
しかも。フランス6人組まで登場! タイユフェールが可愛い♪
もちろんお師匠さんのフォーレとか大先輩のドビュッシー、サティらや、同世代の仲間たち、
後輩や弟子なんかもたくさん登場して、もう楽しい楽しい。
ただ、みんなファーストネームを略して呼び合ってるので、フルネームを確認しないとたまに
誰かわからなくなっちゃうのだけど、すっかり私の中では「モーくん(モーリス・ラヴェル)」
「クロちゃん(クロード・ドビュッシー)」が定着してしまいました。
ラヴェルについては「ララ」も捨てがたいなー。
とくにフランスもの好きの方にはオススメです♪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。