So-net無料ブログ作成
検索選択

LFJ0日目 [コンサート]

いよいよこの季節がやってきました。音楽馬鹿の祭典です。

2012年4月29日11:00~ @金沢駅コンコース

金沢大学フィルハーモニー管弦楽団によるファンファーレ。
10分ほど前に到着すると、あれれ、もう始まってるし。
すでにあんまり人が集まっているので、前倒しで一曲披露していたようだ。
ちなみにハチャトゥリアン「仮面舞踏会」よりワルツ、浅田真央ちゃんがフィギュア
スケートで使って一躍有名になったアノ曲だ。
11時ぴったりに、金管隊によるファンファーレ。
今年のテーマは"Sacre Russe"(ロシアの祭典)ということで、ムソルグスキー作
「展覧会の絵」より、プロムナード、リモージュ、キエフの大門のモチーフをアレンジした
ファンファーレが高らかに開幕を告げる。
それからミニコンサートで、カバレフスキー「道化師」より数曲、そしてチャイコフスキー
「くるみ割り人形」より花のワルツ。

  *  *
14:00~ オープニングコンサート@石川県立音楽堂コンサートホール

D. Kabalevsky: バレエ組曲「道化師」より
  1. プロローグ  2. ギャロップ  3. 行進曲  4. ワルツ
  5. パントマイム  6. 間奏曲  8. ガヴォット  10. エピローグ
P. Tchaikovsky: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
Encore)  N. Paganini: 24のカプリスより第13番

  神尾真由子(Vn.)  井上道義(Cond.)
  オーケストラ・アンサンブル・金沢


道化師は、数時間前に金大フィルでも聴いたけれど、まぁこれは比べるのが酷かな。
なんせ、テンポが全然違う。飛び跳ねるようなリズム、音も歯切れよくピッタリ揃って、
ノリのいい、とても楽しい音楽を聴かせてくれた。やっぱりさすがOEK!
井上さんの楽しい指揮も健在です。

神尾さんは、相変わらずのド迫力ー!!! 音に籠められているエネルギーが、
もう半端じゃない。音がプラズマ化しているような印象。そのエネルギーが
ゴリゴリ攻めてくる。の箇所でも、そのエネルギーは全然衰えない。
OEKも引きずられたのか、すごい気迫で、ビシッッッ!という感じの演奏で、
神尾さんとの間に火花が散りそう!
力押しというか、実際あまりの迫力に音が荒れるところもあるんだけれど、
テクニックがたしかなので、荒れてるというよりアレで当然、という感じがする。
ソレも含めて彼女の魅力、と納得させられてしまうのだ。
この日は桜色のドレスを纏っての登場で、その色のイメージと神尾さんの印象が
かけ離れてて、少々違和感があったのだけれど、でも考えてみれば、桜の季節は
もう有無を言わさず花見! 他の花なんてどうでもいい! この枝を埋め尽くした
花を見よ! といわんばかりの桜とは、実はピッタリかもしれない。
と、曲が終わるころには納得してしまった、恐るべき神尾マジック
オープニングから、本当に濃い、スゴイ演奏を満喫しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。