So-net無料ブログ作成
検索選択

もっとカンタービレ~ラルフ・ゴトーニ室内楽~ [コンサート]

2012年2月1日(水)19:00~ @石川県立音楽堂交流ホール

W.A.Mozart: ピアノ四重奏曲第1番 K.478
  ラルフ・ゴトーニ(Pf.)  アビゲイル・ヤング(Vn.)
  丸山萌音揮(Va.)    ソンジュン・キム(Vc.)
W.A.Mozart: ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
  ラルフ・ゴトーニ(Pf.)  水谷元(Ob.)  遠藤文江(Cl.)
  柳浦慎史(Fg.)     金星眞(Hr.)

   *  *
D.Schostakovitch: ピアノ五重奏曲 ト短調 Op.57
  ラルフ・ゴトーニ(Pf.)  アビゲイル・ヤング(Vn.I)  江原千絵(Vn.II)
  アンドレイ・グリチャック(Va.)   ルドヴィート・カンタ(Vc.)

         
仕事が立て込んでる中、この日ばかりは早く切り上げる!と固く決意して、
予定通り向かった音楽堂。
室内楽シリーズは、ゴトーニさんの来日を記念して、ピアノが入ったものばかり。
こういう曲を集めたのはなかなかないので、とても楽しみにしていた。

1曲目、モーツァルトのピアノ四重奏。
ピアノはともかく、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ各一という珍しい編成である。
メンバーは我らがコンミスのアビゲイルさんに、新人のおふたり。
アトムみたいに後ろがピンとたったヘアスタイルのモッティこと丸山萌音揮くんは、
ちょうどヴィオラの魅力に目覚め始めた頃に新人として紹介されてたのもあって
(しかも名前の漢字が忘れられない!)、出演者に名前を見つけるとなんだか嬉しい。
チェロのソンジュンさんももっとカンタービレで最近お馴染みで、なんとなく親近感。
それで、演奏のほうは、なんだろうこのピアノのアウェイ感。
決して合ってないというわけじゃない。
ただ、弦の3人があんまり見事に息ピッタリすぎて、ピアノがなんか疎外感、なのだ。
ピアノと弦3人というひとつの楽器のデュオ、みたいな印象を受けた。
それに、弦楽四重奏とは異なり、ヴィオラもチェロも伴奏に回るんじゃなくて
ちゃんとメロディ楽器していて、低音の魅力もたっぷり味わえる。
私にしては珍しくも、ピアノそっちのけで弦の魅力に酔いしれた。

お次は同じくモーツァルトだけれど、ピアノとフルート、オーボエ、クラリネット、
ホルンという管楽器の編成。
今度はピアノがしっかりと要になって、管楽器を纏め上げていた。
安心して聴けるアンサンブル。管楽器もそれぞれに魅力的なソロを聴かせてくれて、
こういうのもいいなぁ。管楽器はオケでもわりとソロがあるけれど、これだけ各楽器を
たっぷり聴けることはなかなかない。

休憩後に出てきたのはゴトーニさんとカンタさん。ゴトーニさんへのインタビュー
なんでこの三曲を選んだのか、とか、ショスタコーヴィチについて、とか。
ただ、カンタさんは最初から、みんな英語でわかるし通訳いらないよね、とか
言ってて、それでも客席からの要望にこたえて一応は通訳をしてくれたんだけど、
ショスタコについては政治的な話になっちゃって(仕方ないけど)、
通訳を半ば諦めたっぽくて、ものすごいダイジェスト版だった。
(けどカンタさんって20年くらい日本にいるんじゃなかったっけ…)

そして、ショスタコーヴィチ。凄かった。
時折、OEKメンバーによる弦楽四重奏などを聴く機会があるのだけれど、いつも
少々不満なのは、アンサンブルは良くてもソロの意気込みがあんまりないこと。
予定調和というか、小さくまとまってる感じがぬぐえないことが多いのだ。
けれど、今回は。弦ががっしりと手を組んで、ピアノにガッツリ挑んでいる。
それぞれが好き勝手にやるソリストの集団とはまた違う魅力だ。
これはやっぱり、いつもオケを纏め上げているアビゲイルさんの腕なんだろうなぁ。
それに、メンバーがみんなベテランで、どっしりとした自信の感じられる演奏だった。
ゴトーニさんもすごく良かった。ひょっとしてモーツァルトはあんまりお好きではない?
と思うほど、淡々としていた前半から一変して迫力のある演奏。
息を呑みながら、第5楽章の「奇妙な」明るさのあるフィナーレまでがあっという間。
正直、OEKメンバーでこれほど凄い室内楽を聴けるとは思っていなかった。
また出てくれないかなぁ、アビゲイルさん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。