So-net無料ブログ作成
検索選択

L'Isle joyeuse [ピアノ曲]

クロード・ドビュッシー作、「喜びの島」。
ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの絵画「シテール島への巡礼(もしくはシテール島への船出)」
にインスピレーションを得て作られたとされる、華やかな曲である。

「巡礼」なんていうイメージじゃないなぁと思っていたら、シテール島とは、アフロディテが
海の泡から生まれ、ゼフュロスに吹かれて流れ着いた島「キュテラ」のことで、すなわち
「愛と快楽の島」なんだそうだ。
つまり、シテール島への船出というのは、日頃のしがらみを離れて、南の島でヴァカンス
とアヴァンチュールにさあ出発、みたいなイメージなんでしょうね。

なんというか、フランス人らしいことで。パトリス・ルロワ氏も「フランス人は夏にはみんな
ヴァカンス先で恋をするんだ、もちろん既婚者でも」とNHKで力説してたしなぁ。
それでもって、この曲が作られたとき、まさにドビュッシーが教え子のお母さんと一緒に
妻を放ってヴァカンス中だった、というのが、なんともまぁ、という感じ。
(アヴァンチュールというわけではなく、後にお互い離婚したあと再婚してるわけですが)

のだめカンタービレでも「恋しちゃってルンルン♪の曲」と評されていましたが、
目眩く陽光、熱帯のあでやかな花が咲き乱れ、きらめく碧い海と白い砂浜が広がる、
解放感にみちたヴァカンスの空気がリアルにイメージされる。
もっとも、背景を知っていると、そこまで自由奔放に恋を満喫しちゃっていいのか?
と思わないでもないのだけれど。
暑い夏にうんざりするとき、気持ちだけでもヴァカンスの華やぎをかんじられる曲、
かもしれない。

http://www.youtube.com/watch?v=Q4LvR9IPwwI


同じ絵をテーマとした曲には他にもフランシス・プーランクの2台ピアノのための作品
「シテール島への船出」があり、実は私はこちらの方を先に知って、とても気に入っていた。
飛び跳ねるようなリズムの、ウキウキとした雰囲気があふれているような楽しい曲で、
「喜びの島」よりはもっと素朴な喜び、子どものようなワクワク感が感じられる。
スペシャルイベント待ち受けてる前夜とか、そういうときに聴くとピッタリかも。

http://www.youtube.com/watch?v=tenjvgh8fOk

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

P

何といつの間にブログを。
造詣の深さに脱毛(間違いましたchapeau)です。
夏休みにゆっくり読みますね。
by P (2010-08-04 00:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。